FC2ブログ
8月27日(土)、はしむれジュニア学芸員が来館者のみなさまに展示案内を行う本番の日。
1週間前に研修を受けた8人の内、5人のジュニア学芸員が常設展示室の前に待機。
ジュニア学芸員は、家で説明の練習を何回もしてきていたようで、来館者のみなさんにちゃんと案内できるか、ハラハラ ドキドキ❤️‼️         ジュニア学芸員は緊張200%!
さぁ! 来館者のみなさまを展示コーナーへご案内。  いざ、本番‼️





古代服を着たジュニア学芸員による案内です。
『こちらが、古墳時代の建物で~す。』

『お家の台所にあるオタマと同じ使われ方をしていた道具です~』
案内を聞いてくれた子ども達も喜んでいました。

『こちらが、地面を掘ってつくった溝です~』

『こちらが、開聞岳の火山灰で埋もれた畠の剝ぎ取りです~』
展示を指し示す指先にも集中‼️  集中‼️
ピーン❗️と伸びてます‼️
来館者のみなさま方には、ジュニア学芸員の説明を真剣に聞いて頂きました。


午前中だけの本番でしたが、4組35人の来館者のみなさまに展示案内をすることができました。
説明を聞いて頂いた方からはジュニア学芸員に、『指宿に住んでいて、知らないことを分かりやすく説明してくれてありがとう。』とか、『説明を覚えていたのに感心しました。』などの有難い言葉をかけて頂きました。
ありがとうございました。
ジュニア学芸員5人は、初めは緊張してましたが、回数を重ねるにつれてリラックスして、びっくりするほど案内が上手になりました(^o^)
また、5人の絆も深まり、案内をしていない者は来館者を説明が聞きやすい場所に誘導したりするなど、チームワークで来館者の案内を楽しんでいました。
ジュニア学芸員のみなさん、お疲れさまでした。