FC2ブログ
本日は市内の児童生徒8名の参加による『はしむれジュニア学芸員』が開催されました。
学芸員の仕事を体験しながら、指宿の宝である橋牟礼川遺跡と時遊館COCCOはしむれの凄さを知って、ふるさと指宿に誇りをもてる『いぶすきっこ』を育てていきます🌟🌟
まずは、『体験①  橋牟礼川遺跡を知ろう!  』 
歴史劇場で、橋牟礼川遺跡が日本で初めて縄文土器と弥生土器の新旧関係を明らかにしたなどのスゴイことを映像と模型で学びました。

続いて『体験② 博物館を探検しよう!』        
普段、決して入ることがない特別収蔵庫や復元作業室を探検しました。      
特に、特別収蔵庫では、見るもの全ての収蔵品にビックリし、👀をキラキラさせながら探検しました。
本日の指導係のK学芸員は、説明を熱心に聞いて夢中になる研修生の姿に調子付いて、ブログ用の写真を撮影しませんでした、、、
すいませんでした。m(_ _)m
さて、さて、午前中最後は、『体験③  土器を観察しよう!』です。
学芸員の仕事のひとつである遺跡から出土した縄文土器の観察と研究をしました。
まず、縄文土器を虫メガネを使いながら、じっくりと観察します‼️ 
形や色、手ざわり、におい⁉️など舐める以外の五感を最大限発揮して観察しました。
 
そして、貝殻で付けられた模様や調整痕を丁寧にスケッチしました。
研修生全員はスケッチが上手で、学芸員の資質はバッチリ‼️です。

さらに、学芸員体験はレベルアップ‼️      
土器の拓本にチャレンジ‼️
画仙紙を土器の大きさより少し大きく切ります。そして、水を含ませたスポンジで、土器に画仙紙を張り付けていきます。 みなさん、手先が器用でビックリ❗️

本日、生まれて初めての土器の拓本とは信じられないぐらい見事に沈線が現れています🌟

これには、はしむれの学芸員もビックリポン‼️   M学芸員に見せてあげたいぐらいです。       
 早速、明日からでも学芸員のお手伝いに来てもらいましょうか(^∇^)
お昼ごはんをみんなで仲良く食べてから、午後からは『体験④ 展示案内』です。
午後からの研修生の活躍が楽しみです(^o^)
後半に続く。


下のマークを1クリックしてください。応援よろしくお願いします ぺこり